風水・九星を利用した土地選び

九星で選ぶ! 注文住宅用地!!

九星と土地選び

 

良い注文住宅を建てるには、良い注文住宅用地を手に入れるには、幅広い知識が必要です。ここでは昔ながら尊ばれる「風水」を利用した土地選びをご紹介します。土地と建物を判断するには九星の象意を用いましょう。この時に、五黄殺、悪殺気、水火殺方位、歳破、一白方位の物件は絶対に避けてください。

 

 

一泊方位

一白には「水」の象意があります。そのため、水に関係した土地や建物の状況をあらわすことが多くなります。

  • 川や海のそばなど、水に縁がある
  • 湿気が多い
  • 低地、くぽ地、土手下などにある
  • 大きな建物の裏手にあり日当たりが悪い
  • 近くに水道局、クリーニング店、ガソリンスタンド、銭湯、魚屋、酒屋など水に関係するものがある
  • 昼は比較的静かで、夜はにぎやか
  • 以前の持ち主が事業で失敗したり借金をしている
  • 比較的価格が安い

 

 

二黒方位

二黒には「大地」「大衆」「田畑」の象意があります。土地や建物は比較的平凡な印象です。

  • 近くに空き地や田畑や公園がある
  • 土地は平坦で埋立地の場合もある
  • 団地や公団住宅のそばで、古い家の場合もある
  • 大衆的な土地柄
  • 四角形で変形していない土地
  • 日当たりがよくない
  • 平屋でりーズナブルな価格

 

 

三碧方位

三碧には「若さ」や「音」などの象意があり、それに関係した土地や建物であると考えられます。

  • 新興住宅地である
  • 近くで騒音がする
  • 踏み切りがあり警報音がする
  • 近くに森や林.電話局、発電所、電気店、寿司屋、花屋、楽器店がある
  • 一日当たりがよく庭に植木がある
  • 新築の住宅
  • 今はさびしい土地でも、将来は発展する

 

 

四緑方位

四緑にはすべてが「斉う」という象意があり、土地や建物は次のような状況と考えられます。

  • 繁華街の近く
  • 表通りに面している
  • 整地ずみですぐに家を建てられる
  • 近くにうなぎ屋、そば屋、運送屋、家具店、呉服店がある
  • 長方形の土地
  • 風通しがよい土地や建物
  • 新築あるいは建って間もない家

 

 

五黄方位

五黄には「腐敗」「荒廃」といった象意があり、凶方位に当たります。

  • すぐに利用できない土地や建物
  • 陰気で荒れた土地
  • 古戦場の跡地
  • 近くに火葬場、墓地、ゴミ処理場がある
  • 相場より価格が安い
  • 表面上はわからない欠陥のある家
  • 建て売りの場合は手抜き工事がある
  • 結局手放すことになる
  • 売却するときには低価格になる

 

 

六白方位

六白には「高級」「完全」といった象意があり、土地や建物は次のような状況と考えられます。

  • 発展している繁華街にある
  • 高台の見晴らしのよい高級住宅地
  • 広い土地
  • 近くに立派な建物がある。神社、仏閣ということもある
  • 中古住宅でも使われている材木などが高級で、しっかりした構造
  • 門構えが立派
  • 高価で予算に合わない

 

 

七赤方位

七赤には「沢」「不足」「口」などの象意があり、水や飲食に関係のある土地や建物と考えられます。

  • 近くに大きな池や沼がある
  • 湿地、くぼ地、低地で、裏通りに位置する
  • 正方形や長方形でなく変形した土地
  • 近所に飲食店が多くにぎやか
  • 午後から日が当たる
  • 購入しようとした場合、不満な部分が出てくる
  • 一見してわからないところに修理が必要
  • 水はけが悪く陷い印象

 

 

八白方位

八白には「山」や「変わり目」などの象意があり、土地や建物は次のような状況であると考えられます。

  • 高台にある
  • 盛り土で整地しているため、水はけが悪い
  • 近くに山や丘がある
  • 近くに電車の乗換駅があり、交通の便がよい
  • 近くに不動産屋または旅館がある
  • 行き止まりの土地や角地
  • 2階以上の集合住宅
  • 新築の場合は、まだ完全にできてはいない

 

 

九紫方位

九紫には「美麗」「太陽」「離散」などの象意があり、次のような状況が考えられます。

  • 日当たりがよく快適な土地
  • 見晴らしがよく景色が美しい
  • 繁華街が近い
  • 分譲住宅地
  • 近くに消防署、警察署、学校、生花店、美容院がある
  • ほかにも申し込んでいる人がいる
  • 外観はきれいだが、内部がよくない場合がある

 

九星は毎年、毎月、毎日、毎時、一定の法則にしたがって運行しているので、吉方も凶方もときによって変わります。また、各人の生まれ年や生まれ月の九星によっても違います。開運のために移転する場合、家族でもそれぞれの吉方は違うので、自分あるいは主人の吉方を求め、その年、その月によい方位に引っ越しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る