引っ越し「風水」「九星」

引っ越しをする日が重要です!!【風水・九星】

九星の引っ越し

 

引越しをする日取りに、その方位を用いるとトラブルが続出する凶方位があります。すべての人に共通するのが「五黄殺気方位」「悪殺気方位」「水火殺方位」「歳破」の4つです。さらに、その人にだけ作用する凶方位が3つあります。

 

 

 

すべての人に共通する凶方位!!

五黄殺気方位(ごおうさっき)

年盤、月盤で五黄が運行している方位です。ただし、五黄が中央に運行している場合は、五黄殺気方位はありません。引越しや増改築でこの方位を用いると、事故に巻き込まれて大ヶガをしたり、大病にかかったりということが起こります。

 

悪殺気方位(あくさつ)
暗剣殺(あんさつけん)

五黄殺気方位の向かい側の方位で、年盤、月盤に「A」の印がついています。五黄殺気方位が中央にあるときは、この方位に該当するところはありません。この方位を用いると、ほかの力によって事故や仕事の失敗、異性のトラブルなどの被害を受けます。この方位を使用した影響は60年間続きます。

 

水火殺方位(すいかさつ)

五行の「火」と「水」は相剋の関係にあり、とくに強く反発し合います。これらがかかわる凶方位が水火殺方位です。年盤、月盤に「V」の印がついています。

 

歳破(さいば)
月破(げっば)

歳破とはその年の十二支の反対側の方位であり、月破とはその月の反対側の方位をいいます。年盤、月盤には「P」の印がついています。歳破、月破の方位を用いると、職場や家庭で争いごとに巻き込まれやすくなります。この方位を用いると大ヶがや首から上の病気、心臓疾患、水難、火難、異性とのトラブルなどが起こります。

 

 

人それぞれの凶方位!!

精気殺方位(せいきさつ)
本命殺(ほんめいさつ)

自分の生まれ年の九星、あるいは生まれ月の九星が、その年その月の年盤、月盤を運行している方位です。移転や増改築に用いると、原因不明の病気にかかることがあります。物件購入には関係ありません。

 

対気殺方位(たいきさつ)

精気殺方位の反対側の方位をいいます。この方位を移転や増改築に用いると、思っていたように事が運びません。物件購入には関係ありません。

 

小児殺方位(しようにさつ)

子どもにだけ作用があらわれます。月盤の「●」と「▲」がこれに当たります。この方位を移転や増改築に用いると、子どもがヶがや病気をしたりします。物件購入には関係ありません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る