注文住宅の工法 メリット&デメリット

【注文住宅】工法のデメリット【木造在来・2×4・プレハブ】

工法のメリット

住宅の代表的な工法には、木造在来工法、2×4(2×6)工法と呼ばれる木造枠組壁工法、一般にプレハブ住宅と呼ばれる工業化住宅があります。プレハブ住宅は、本体(構造体)に用いる材質によって、木質系、鉄骨系、コンクリート系住宅に分けることができます。一戸建て注文住宅には、圧倒的に木造在来工法が用いられます。次に大手ハウスメーカーが提供するプレハブ工法、そして2×4工法と続きます。これらの工法の違いについて解説していきましょう。

 

 

 

設計とコストの自由度が高い「木造在来工法」!!

木造工法のメリット

木造在来工法は、細い柱に梁や桁と呼ばれる角材を架け渡して架構(軸組)と呼ぶ骨組みをつくることから、架構式工法とか軸組式工法とも呼ばれています。この工法は、我が国の木造建築の伝統工法の流れを継承しているものですが、構造的には昔と比べて大きく異なる部分があります。昔の建物は、いまの柱と比べものにならないぐらい太い角材を用いました。そして、太い柱と梁や桁の架構を強固にするために、柱と柱を貰と呼ばれる太い部材でつなぎました。このことで、屋根や床からの重さを支えるとともに、地震や強風による横からの力にも耐えるしくみでした。

 

現在用いられる工法では、経済性を考慮して、柱には上からの重さによる力だけが加わるような構造にして、細い柱でも支えることができるように工夫されています。そして、横からの力には、太い貫に代わって、筋かいと呼ばれる斜め材で対処するしくみとなっています。最近では、外壁の軸組に、筋かいに代わる構造用合板を張り付けたり、筋かいと併用してより強い壁にする工法が多く用いられています。さらには、これらの架構を構成する構造部材の接合や継手箇所は、接合金物を用いて堅固に補強されています。在来工法の利点は、端的にいえば、自由な間取りと予算に応じた建築ができることです。筋かいの入った壁をバランスよく配置することによって、間取りや窓の大きさ・位置を比較的白由に決めることができます。このことは、将来に増改築をする際にも有利となります。

 

また、内装や装備品はもちろん、柱や梁、土台などの構造材に至るまで多種多様に用意されているので、地域性や好みを考慮しつつも、予算に応じて選ぶことができます。そのため、コスト調整が比較的容易にできるとい弓点もあげられます。しかし、自由度の高い木造在来工法の利点が、半面、欠点になることもあります。自由度が高いからといって無理な間取りにしてしまうと、屋根の形が複雑になり、雨漏りを生じさせやすくなります。予算についても、コスト最優先で安い構造材ばかりを使ったのでは、安かろう悪かろうの低品質の住宅を生む危険性があります。

 

■木造在来工法のハウスメーカー

●タマホーム

●アキュラホーム

●アイダ設計

●富士住建

●アイフルホーム

●エースホーム

●ユニバーサルホーム

※各社の間取りをネットでゲット!!

 

 

日本の気候に合わない!?「2×4工法・2×6工法」

2×4工法のメリット

2×4(2×6)工法は北米からの輸入工法で、木造枠組壁工法とも呼ばれます。壁や床をパネル状につくり、箱のように組み立てていくのが特徴です。まずは壁パネルの組立て作業場となる床パネルをつくり、その上で壁パネルをつくります。各パネルは、在来工法で用いる角材の半割程度の木材で骨組みをつくり、その上に合板を釘で打ち付けて仕上げます。壁パネルを床パネルに立てかけ、釘止めして完成させます。柱で支える在来工法と異なり、2×4工法は壁が構造体の一部となっています。そのため、壁や開口部の大きさが制限されることになり、結果として比較的開口部の小さな間取りとなりがちです。このことが逆に、バランスの良い耐力壁の配置となって、耐震性の面から在来工法よりも安定した強度が得られる大きなメリットがあります。

 

しかし、2×4工法にも問題があります。本来、両一的で安価な材料を用いること、工事が容易で熟練工を必要としないことなどからローコスト住宅向きの工法とされていました。ところが日本の気候風土や国民性になじませる工夫が必要で、結果的にローコスト化が難しいのが現状です。

 

躯体構造でのコストダウンは、在来木造工法では容易にできましたが、2×4工法では画一的なものを使うので、ここでの調整はかなり難しいと言えるでしょう。結果的に内外装や装備品で行なうことになります。さらに、工事現場での作業が、床から壁と順次、積み上げる工程ですから、風雨をしのぐ屋根パネルが完成するまでの長期間、構造体となるパネルが野天にさらされてしまいます。構造的には、高気密・高断熱に好都合なので、寒冷地向きといえます。高温多湿の夏型の気候でも、エアコンの効率が上がり暮らしやすいでしょう。しかし、構造体の腐朽が心配です。風通しを考えた間取りにしたり、換気をするなどの注意は必要です。

 

■2×4工法のハウスメーカ―

●住友不動産

●三菱地所ホーム

●セキスイハイム

●富士住建

●セルコホーム

●メープルホームズ

2×6工法のハウスメーカー

●住友林業

●住友不動産

●三井ホーム

●東急ホームズ

●ウィザースホーム

●GLホーム

●セルコホーム

※各社の見積もり比較してみませんか?

 

 

工場で作る住宅「プレハブ工法」!!

プレハブ工法のメリット

近代的な工場であらかじめ部品をつくることをプレハブリケーション・プレハブといいます。品質管理が行き届いた工場で生産することから、均一で良質な部品が期待できます。しかし、住宅は自動車や電化製品とは異なり、一軒ずつ、異なる敷地で組み立てるものです。部品が良くても組立てがずさんな作業となれば、品質の高い製品とはなりません。この点からみれば、木造在来工法や2×4工法などと大きな違いはないと言えます。

 

また、部品の量産は結果的にローコスト化につながると思われがちですが、それは売れ筋のデザインや人気の価格帯が中心となっています。買い手側の予算がそれに合わなかった場合、逆に割高感のある製品になってしまう欠点があります。さらに、各メーカーがさまざまな夕イプの住宅を用意しているのでデザインの選択肢は多いのですが、構造体を安価に抑えることができず、予算とのコスト調整を図ることが難しくなっています。その結果、ひと目で建物のグレードがわかるような内外装や設備面で調整することになってしまいます。下では、プレハブ住宅の構造体の材質による違いをまとめました。

 

 

木質系プレハブ工法

最も多く用いられている工法は、壁式のパネルエ法で、基本的には2×4工法(2×6工法)の各パネルを工場生産して、現場で組み立てる方式です。最近では、在来工法のような軸組を工場生産して、現場で金物などを用いて組み立てる軸組式のプレハブ住宅も出現しています。パネルエ法の場合には、基本的には2×4工法(2×6工法)と同じ特徴がありますが、パネルが工場で生産されることから、品質が均一で工期が短縮される利点があります。特に、屋根パネルの組立てまでが短く済むため、風雨による構造体の傷みが少なくなります。

木質系プレハブ工法のハウスメーカー

●セキスイハイム

●ミサワホーム

●ヤマダ・ホームズ

 

鉄骨系プレハブ工法

軽量鉄骨を用いた軸組(架構)式のプレハブ工法が古くから主流をなしてきました。一方では、重量鉄骨を用いた軸組式やユニット式のプレハブ工法もあって、多様化しています。鉄骨構造に共通する利点は、部材の工場生産によって精度が非常に高いことと、工期が短いことです。欠点としては、鉄骨なので鉄がさびやすいことと熱を伝えやすいことがあげられます。とりわけ、断熱に関しては、構造的にも鉄骨の部分からの熱損失が大きくなっていて、室内が外気の影響を受けやすくなっています。

 

軽量鉄骨を用いる工法は、木造在来工法と同じしくみです。木造の筋かいと同じ役目を担う鉄の斜め材(ブレース)を壁に組み込み、それを要所に配置します。そのため、あまり大きな空間の問取りには不同きです。一方、重量鉄骨を用いた柱構造の場合は、ブレースを組み込んだ襯が必要ないことから、間取りの自由度が高く大空間や大開口にも対応できる利点があります。

鉄骨系プレハブ工法のハウスメーカー

●積水ハウス

●ダイワハウス

●セキスイハイム

●パナソニック ホームズ

●トヨタホーム

●ミサワホーム

※ネット見積もりはこちらから!!

 

コンクリート系プレハブ工法

コンクリート工法のメリット

2×4エ法と同じ壁式の構造で、工場で生産された壁や床のコンクリート板=プレキャスト(PC)板を現場で組み立てる工法です。コンクリートのプレ(ブ住宅は、鉄骨系プレハブ工法と並んで古くからあったのですが、現在に至ってもあまり普及していません。木や鉄とは異なり、コンクリートを使いますから、火災に強いことや防音・遮音性にすぐれることが長所となっています。

 

その一方、ほかの材質に比べて重いこと、断熱性に劣ることが欠点となります。このことがコスト高を引き起こす原因となっています。コンクリートという非常に自重が大きい構造材を使うことになるので、基礎や地盤の強化にコストがかかります。また、コンクリートは、暖まりにく く冷めにくい性質をもっています。そ のため、暖房や冷房の立ち上がりが遅 く、常時、冷暖房や換気装置の運転が 必要になります。つまり、居住性の面 からは高温多湿の気候には不向きな構造です。さらに、コンクリートは、木よりも熱を通しやすいので、断熱材が欠かせません。結果的に、居住性を保つためには、最もコストがかかってしまう工法になるのです。

 

 

SE工法とは

SE工法のメリット

木造の在来工法に、重量鉄骨を用いた柱構造の力学的なしくみを取り入れた新しい木造軸組構法が最近注目されています。SE構法はこの新しい構法の代表的な呼び名の一つですが、各ハウスメーカーによって、まちまちな呼び方がされています。

 

在来工法では柱と梁を蝶番のように少し動く仕口と呼ばれる方法で接合(ピン接合)します。この方法によれば、床や屋根から柱にかかる力(鉛直荷重)によって柱を曲げようとする力を吸収するので、比較的細い柱で架構を   つくることができます。  方、風や地震による横から  の力(水平荷重)で架構が変形しますから、斜め材である筋かいを組み込んで対処する必要があります。

 

SE構法と在来の木造軸組工法との大きな違いは、SE構法は柱や梁を仕口によらず金物で強固に接合(剛接合)するので、ピン接合に欠くことのできない筋かいを廃して、大きな空間の架構をつくることができることです。そのため、在来工法よりも柱の数や壁量などの構造的な制約が少なく、間取りの自由度はかなり高くなります。また、施工面では、構造部材のプレハブ化や、現場での架構の組み立て作業の簡素化などによって工期が短縮されます。

 

SE工法のメリット2

 

SE構法に代表される新しい木造軸組構法の多くは、柱や梁といった主要な構造材に集成材を、壁面に構造用合板を用います。この骨組みは、在来工法で用いる簡便な方法ではなく、鉄筋コンクリートや鉄骨造と同じように構造計算を用いて安全であることを確かめてから施工されます。このことから、Safety (安全)のSとEngineering (工学)のEで安全で工学的な構法=SE構法と呼ばれています。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る