間取りがおかしいのは「ゾーニング」

ゾーニングを考えないので、間取りがおかしくなる!!

ゾーン

 

★ライフスタイルに合わせて全体からゾーニングすることが重要!!

 

間取りを決める際は全体のバランスを考え、大体の位置を決めることから始めます。これをゾーニングと呼んでいます。その方法としては、第一に敷地のなかのどの位置に建物を置き、庭や車庫はどこにするのかといった敷地全体の配置を決めます。次に、建物のなかのスペースを配分します。この時、リビングなどのパブリックゾーン、個室などのプライベートゾーン、水まわりなどのユーティリティゾーンというように、その役割によってゾーンをまとめ、区分けしていきます。最後に、各ソーンのなかに具体的な部屋名を書き入れていきます。

 

 

スペースを有効利用できる中廊下方式のゾーニング例

具体的なゾーニングは、家の要素を3つのグループに分けて考えるのが基木です。個人の部屋や客間など居室のソーンは日当たりのよい南側に置きます。リビング、ダイニング、キッチンなどは水を使うキッチンを北にしてそこから南に連続するようにしましょう。階段、トイレ、浴室、洗面所などのゾーンは日照条件の悪い北側にひとまとめにします。一般に、ムダな面積をなくして南に面する部屋を多くしようとすると、中心に廊下を置いてそれぞれのゾーンをつなぐのかよいことになります。基本としてこの「中廊下方式」をおさえておくとよいでしょう。下の図はその配置例です。もちろん敷地が南北に長いか、東西に長いか、不整形かなどによって、ゾーン単位で入れかえます。

 

 

ちょっと待て!!

こんなくだらない記事を読んでも、あなたの悩みは解決しないでしょう。間取りやゾーニングで悩んでいるなら、今すぐこちらのサイトで間取り請求してみては?

 

 

プロが間取り作成、ゾーニングをしてくれるのだから、間違いなし!!この記事を読んでいる暇があれば、すぐに間取り請求をしてください!!

 

 

立体的にイメージして 各階の構成を考える

ゾーニングの前提となる実際の家の形に合わせて、どの要素をどこに置いたらよいのかという重要なテーマがあります。下に示したように 家のなかでも条件はかわりますから、各部屋の役割に応じた優先順位を考えながら場所と広さを決めていく必要があります。一般的に水まわりは北側に、人が集まる リビングや、家での暮らしが長くなる人の個室などは南側に置きます。建物の中心部 は採光が得にくいので、移動スペースや収納にすることが良いでしょう。ただ、天窓を上手に使って、中心で も明るく使うというアイディアはあります。そして、東や南には日照を遮断する要 素を少なくして、奥まで日当たりがよくな るように配慮をしましょう。開口部を大きく取った大 空間リビングなどが、この位置にあるとその階全体が明るくなります。

 

 

眺望や身体負担を考えて上下階のゾーン構成を検討

上下階の間取り展開の仕方は十分吟味すべき非常に重要なポイントです。これについても、条件のよい場所の優先順位を考えます。密集地 や狭小地では、日照や眺望のよい2階にリビングなどを置くことも得策です。その場合は2階リビングを出発点にして、ほかのゾーンへのつながりを考えていきます。子供部屋は一般にはパブリックスペースとは別の階に配します。位置取りには家族要はないという考え方もあります。また、高齢者と同居する場合は身体的負担もよく考えます。1階に佃室を置く方が身体的には楽ですが、密集地などでのケースでは日当たりが悪くなりがちです。日照条件のよい上階の方が健康のためにはよいのですが、玄関やリビングへの移動負担は増えてしまいます。ですが、元気なうちは適度な運動が必要という考え方もできます。

 

さらに、高齢の人を招く機会が多いかどうかによっても適したプランはかわるでしょう。ただ、高齢者は家にいる時間が長いケースが多いでしょうから、優先順位として、体に負担のないゾーンプランニングを目指すことが大切です。やはり、間取りの計向は家族観や教育観などと向き合う作業です。

 

 

広さを最大限に生かすゾーン動線計画

敷地条件に応じた部屋の優先順位、開放 感を引き出す立体的な工夫などとともに、十分に考えたいのが部屋のつながりと言えるでしょう。 廊下、階段などの移動スペースを切り詰めることで、空間を広く使うことができ、また、動きを効率的にすることができます。よくある間取りの失敗に、ムダな廊下をくねくねと造ってしまうことがあります。こちらも部屋のつぎ足し的な間取りを考えてしまう時によく起こります。上手にまとめる方法としては、廊下を一面に整理する片廊下方式にしたり、廊下を中心にして周囲に各部屋を配する中廊下方式を使ったりします。最も空間を節約できるのは中廊下方式ですが、細長い家や狭小地の場合は難しくなりますから、敷地の条件に合わせて整理してみましょう。

※セキスイハイムの値引き交渉


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る